Welcome to KEA 

KEAは、国際都市神戸らしい港や旧居留地、メリケンパークなどがある中心地にスクールを構えています。
囲には緑いっぱいの公園もあります。(写真:東遊園地)

世界に羽ばたく子ども達を育てたい!

本スクールは、国際都市神戸の地においてプリスクール及びアフタースクールを展開する教育機関です。

子ども達が豊かに育ち、自信をもって世界に羽ばたくためには、幼少期からの学びの環境を整えることが必須です。しかし、言語能力の習得時期と非言語能力の育成時期には若干の差があり、早すぎても意味がなく、また遅すぎると効果が薄れるというジレンマがあります。

予測不能な近未来社会を想定すると、世界で活躍するためには、十分な語学力とともに、自分自身を表現し、他者と共生することができる人間的な力量が、ますます求められるようになると思われます。

言葉、コミュニケーション能力、そして人間力をどのように調和させながら育成していくか。私たちは、子ども達の成長過程に寄り添いながら、これを実現できると確信し、新しい形のEnglish Schoolを立ち上げる運びとなりました。一人ひとりの子どもの成長のプロセスに丁寧に寄り添い、幼少期だからこそできる経験に焦点を当てていきます。

子どもには育つ力があります。ご一緒にお子さんの育つ力を存分に引き出していきましょう。

KEAご興味を持っていただける方が増えて、私たちの輪に加わっていただけることを願っています。

 

What we offer 

KEAオリジナルのメソッドで指導
→learn more
子ども達が主体的に課題を見つけその課題を探求的に学習する
→learn more
一人1台のタブレットやデジタル機器を使い、英語でその広い世界を紹介
→learn more
文科省の「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」に沿った指導
→learn more
質の高い教育に向かうためには、スクールと家庭との連携が重要
→learn more

 

 

School Director’s Message

親子にとっての最高の居場所

社会が変化しても、今も昔も変わらないことは、幼児期は人間としての土台を作る時期ということです。子どもは環境で育ちます。子どもにとって豊かな環境とは、そこが子どもにとっての最高の居場所であるということです。幼少期の子どもが身をおく環境は、その先の生き方の基盤を作るといっても過言ではないでしょう。良い土では植物は活き活き育ちますが、水が足りなかったり、あるいは肥料が多すぎると、上手く育たないことがあります。いつでも自分が受け入れられ、導いてもらい、認められ、安心して自分を発揮することができる…、私たちはそのような環境をFirst Priorityとして考えています。そして、豊かな子育てに向かうためには、子どもを育む保護者自身にも、同じように心が安心できる環境が必要です。

Kobe English Academy(KEA) では、ご家庭にとっても心地よい居場所となり、共にお子さんの成長を見守り、最高の子育てに向かうことを使命としています。

子どもの可能性を広げたい

親なら誰しもが願うのが、「子どもの可能性を広げたい」ということと思います。多様性がより一層重視される社会に向かう今、子ども達の未来に期待することにも大きな変化が生じてきています。良い大学に入学して欲しい、大企業に就職して欲しいという、既存の枠組みに我が子の人生を当てはめるのではなく、自分の強みを存分に生かして欲しい…という、個人の主体的選択を願う時代に移行しつつあるように感じます。

多様な選択肢の中から自分にとっての最適解を選ぶ人生には、自分で学び、可能性を広げ続けるマインドが必要です。人間の基盤ができる幼少期は、これらの力を育むために、最も重要な時期といえるでしょう。KEAで行う教育は、正解ありきの教育ではありません。私たちのテーマは、「未来を生きる子どもたちの可能性を広げる」ということ。そしてそのために、「日々、子どもたちに多様な経験をさせる」ことを大切にしています。環境が整えば、子どもは驚くほどの力を発揮します。子どもには、育つポテンシャルがあります。大人が子どもの未来に正解を作るのではなく、子どもの可能性をどこまでも広げるサポートをする…、これがKEAの使命です。KEAの子ども達が成長し、それぞれの個性や強味を生かし、世界市民として未来に貢献していってくれることを心より願っています。

一人ひとりが主人公―KEAの芽は“あなたの未来”に育ちます